投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

ペプシコ(PEP)から配当金が入金されました。

先日のホームデポ(HD)に引き続き、ペプシコ(PEP)から配当金が入金されました。

このところ、配当金入金スケジュールが偶然にも重なった事から、配当金入金のラッシュで御座います。

嬉しい限りですが、案の定整理が追いついていません(汗)

私が従事している本業の方は、年度末決算の時期を過ぎると一段落…という訳では無く、賞与査定の答申書みたいなモノを記入せねばなりません。

これがかなり苦戦するんです。

論文とまではいきませんが、軽く1,000文字くらいは作文せねばならず、イケる!と思って提出しても上司からダメ出しを喰らいます。

相手あっての事なので、独り善がりの文章では確実にお墨付きを頂けないのです(泣)

文章を記述する、という観点からは非常に勉強にはなりますが、如何せん時間と労力を割かれますので費用対効果については、?だと思っています。

そういった観点からブログには自分の好きな事を記述出来るので、非常に楽しい作業ですね。

PEPからの配当金について

本題から脱線しましたので、本筋に戻ります。

この画像はPEPの配当金入金の明細を表示しています。

配当単価$0.9725✕34株に対して、外国税10%と国内税20.315%が課税されましたので、結果:$22.64が配当されました。

※為替単価は、配当金支払日にて算出:$1=¥109.9900

配当(4Q):$3.5875 配当利回り:3.26%

2019年春夏号の『米国会社四季報』にも注目銘柄として掲載されている、言わずもがなの超有名・優良銘柄です。

ホルダーとしては安心して保有し続けられる銘柄の一つですね。

配当金の推移について

  2014 2015 2016 2017 2018 2019(予想)
配当金 単位:ドル 2.53 2.76 2.96 3.16 3.59 3.80

この画像はPEPの配当金推移グラフを表示しています。

順調に配当金が前年比増加で推移していますね。

営業利益も微増を見込んでいる様子ですし、キャッシュフローも堅調と判断出来ます。

市場以外の様々な懸念材料が囁かれていますが、気にせず保有し続けるのが吉ですし、長期投資家を志す上で大切な事ですね。

個人的には、民法のニュース番組に経済のニュースが報道された頃が所謂ピークだと思っています。

日本の民法報道番組は、経済ニュースなどは殆ど報道せずに、芸能や不祥事・揚げ足取りばかり報道しているなと感じます。

せいぜい為替動向と前日の日経・米国市場動向を1分ほど流すだけですから。

そういった中で、経済ニュースがトピックスとして取り上げられた頃がきっとピークなんですよ。

個人的には目当ての銘柄の買い時だと思っています。