投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

コカ・コーラ(KO)から配当金が入金されました。

先日のペプシコ(PEP)に引き続き、コカ・コーラ(KO)から配当金が入金されました。

まだまだ配当金の入金ラッシュは止まず、相変わらず整理が追いついていません。

残り4銘柄が近日中に入金される予定ですので、しっかりと整理して記事にしていきたいと思います。

KOからの配当金について

この画像はKOの配当金入金の明細を表示しています。

配当単価$0.4✕244株に対して、外国税10%と国内税20.315%が課税されましたので、結果:$87.84が配当されました。

※為替単価は、配当金支払日にて算出:$1=¥110.10

配当(4Q):$1.60 配当利回り:3.42%

自身のポートフォリオにおいて、1番保有数が多い銘柄です。

また、私がアメリカ株投資を始めた際に1番最初に買付けを行った銘柄ですので、非常に思い入れが有りますね。

配当金の入金額も多く、毎回の事ながら有り難く頂戴しております。

コカ・コーラ社についての基礎知識

会社名 コカ・コーラ
英文社名 The Coca-Cola Company
ティッカー KO
創業年 1886
決算月 12
本社所在地 Atlanta
従業員数(人) 62,600
分類セクター Consumer Defensive
分類産業 Beverages - Soft Drinks
市場名 NYSE
採用指数 Dow30,S&P500
配当年数 56
配当利回り(%) 3.42
年間配当金額(ドル) 1.60

投資家に大人気な銘柄であるコカ・コーラ(KO)です。

日本でもお馴染みのコカ・コーラは、薬剤師であるジョン・ペンバートンが発明した事から歴史が始まりました。

当時彼が新しく発明した頭痛薬にソーダ水を加えた飲料水を『コカ・コーラ』と命名して店頭で販売し始めました。

のちに全米各所で販売される国民的飲料まで成長し、今では全世界中で販売される世界的飲料へと成長しております。

余談ですが、Coca Colaとボトルに筆記体ぽく表記されている文字のデザインは、広告代理店やデザイナーへ別注した訳では無く、ペンバートンのビジネスパートナーが管理していた帳簿ノートへ書かれていた文字を引用しているそうです。

ウォーレン・バフェットのエピソードも有名で、バフェット氏も保有している事から『バフェット銘柄』へも選定されています。

兎に角有名・人気になるエピソードが多すぎて、全てを語るには時間が掛かりすぎます。

他の投資ブログにも多数記事が有るかと思いますので、是非探してみてください。

コカ・コーラの公式HPはこちらになります。

KOのIR情報

業績推移

  2014 2015 2016 2017 2018
売上高(Sales/Reveune) 単位:億ドル 46 43.7 41.38 34.98 31.7
純利益(Net Income) 単位:億ドル 7.1 7.25 6.53 1.18 6.73

この画像はKOの業績推移をグラフで表示しています。


EPS推移

  2014 2015 2016 2017 2018
EPS(Diluted) 単位:億ドル 1.60 1.67 1.49 0.29 1.50

この画像はKOのEPS推移グラフを表示しています。

  2014 2015 2016 2017 2018
営業CF(Net Operating Cash Flow) 単位:億ドル 10.62 10.53 8.8 6.93 7.32
フリーCF(Free Cash Flow) 単位:億ドル 8.21 7.98 6.53 5.26 5.97

この画像はKOのキャッシュ・フロー推移グラフを表示しています。

配当金推移

  2014 2015 2016 2017 2018 2019(予想)
配当金 単位:ドル 1.22 1.32 1.40 1.48 1.56 1.6

この画像はKOの配当金推移グラフを表示しています。

総評

各種グラフ推移をみていると、ん?儲かっていない?とも思わせますね。

右肩上がりで推移してるのは配当金推移のみです。

株主への利益還元には積極的な姿勢を継続しており、流石連続配当:56年を誇るだけは有ります。

炭酸飲料や甘味料を多く含んでいるコカ・コーラの商品群は、先進国で巻き起こっているダイエットブームでは肥満化傾向にあるとの見方をされていまい、減益の懸念材料と見られています。

但し、後進国や開発途上国ではまだまだコカ・コーラはその国の人たちからみれば入手出来ない品物です。

故に、マーケットの開拓余地は世界中にまだまだ有り得ます。

また、展開商品群も以前よりも大幅に増え、モンスターエナジーへ資本参加も行うなどの活動も行っています。

  • 連続増配
  • 安定した業績と莫大なキャッシュを稼ぐ仕組み作り
  • $40台といった増資のしやすさ

これらのメリットに恩恵を受け、継続して保有し続ける事がどうみても最適な事に間違いは無いと、私は信じております。