投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

ヘルスケアセクターが暴落、その背景にあるもの

昨日はヘルスケアセクターが暴落し、保有するメルク(MRK)も前日比-4.69%と最近の市場では稀にみる暴落でした。

この画像はFinviz.comより引用した、昨日の対前日比推移画像の写しです。

引用元:Finviz.com

ヘルスケアセクター以外は特に下落といった様子も無く、ピンポイントの精密爆撃を彷彿させる様な状況でしたね。

一体何に要因が有るのか調べてみました。

Medicare for Allという国民運動にヒントがある?

日本在住の場合、全くと言っていいほど報道されない言葉だと思います。

私も今回初めて聞かされましたし、ググっても日本語の解説は一切出てきませんでした。

A number of Democratic proposals call for eliminating private health insurance and replacing it with a universal Medicare plan, claiming it would help reduce administrative inefficiencies in the health-care system. Most recently, Sen. Bernie Sanders of Vermont unveiled a bill that would create a government-run system to provide health insurance for all Americans. Freshman Rep. Alexandria Ocasio-Cortez is pushing a similar plan.

【日本語訳】多くの民主的な提案は、民間の健康保険を廃止し、それを普遍的なメディケア計画に置き換えることを要求しており、それはヘルスケアシステムにおける行政上の非効率性を減らすのに役立つと主張している。ごく最近、バーモント州のBernie Sanders上院議員が、全アメリカ人に健康保険を提供するための政府主導のシステムを作成する法案を発表しました。新入生のアレクサンドリアオカシオコルテス議員は、同様の計画を進めています。  引用元:CNBC

CNBCの報道を日本語訳にして考察すると、政治家や活動家主導で展開された同運動が、民間保険制度を廃止しMedicare for allへ置き換わる事で行政上の非効率を改善出来るということです。

我々の様に日本国在住者だと当事者では無いので、ピンときませんね…

ただ、アメリカの民間保険会社は多くの雇用と収入を生み出している、とも報道されています。

民間健康保険事業は少なくとも50万人の雇用を創出、およそ$1兆の収入を生み出してるそうです。

それが、Medicare for Allへ切り替わったら…全てが翻りますね。

下落の図式が薄っすら見えてきた…

つまり、そのリスクが先行して市場の該当銘柄へ織り込まれ下落…という図式が見えてきます。

医療保険の最大手:ユナイテッド・ヘルス・グループ(UNH)は、-1.86%アメリカ国内のドラッグストア最大手:CVSヘルス(CVS)においては、-2.52%下落しております。

バイオ医薬品メーカー大手:アムジェン(AMGN)は、-2.97%下落と、医療・医薬品に関わるほとんどの銘柄に影響が拡がりました。

下落の幅がいつ・どこまで拡大し続けるか予測出来ません。

医療の分野は専門知識の要素が多く、特に医療大国のアメリカにおいては特に複雑な印象が拭えませんね。

自身ももっと勉強して、投資へ役立てていかないといけませんね。

しかし、本業の顧客で外資MRの方を相手にしていますが、こんな難しい業界で従事しているとは、いやはや関心・尊敬します…

 

過去にメルクの企業分析を行っております。 

invest-for-the-future.hatenadiary.jp