投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

バクスター インターナショナル(BAX)から配当金が入金されました。

先日のコカ・コーラ(KO)に引き続き、バクスター インターナショナル(BAX)から配当金が入金されました。

残り3銘柄となりました。

これが全て終われば、一段落しそうです。

BAXからの配当金について

この画像はBAXの配当金入金の明細を表示しています。

配当単価$0.19✕24株に対して、外国税10%と国内税20.315%が課税されましたので、結果:$3.29が配当されました。

※為替単価は、配当金支払日にて算出:$1=¥110.10

配当(4Q):$0.76 配当利回り:0.95%

自身のポートフォリオにおいて、下から4番目に保有数が少ない銘柄です。

※約21万円分ほど保有

配当性向も決して高くは無いですが、株価は上場以来ずーっと右肩上がりで推移しております。  (2018年のクリスマス大暴落時には流石に下落していましたが)

この画像はWall Street Journalより引用した、BAXの過去10年分の株価推移です。

引用元:Wall Street Journal

バクスター インターナショナルについての基礎知識

会社名 バクスター インターナショナル
英文社名 BAXTER INTER INC
ティッカー BAX
創業年 1931
決算月 12
本社所在地 Illinois
従業員数(人) 50,000
分類セクター Healthcare
分類産業 Medical Instruments & Supplies
市場名 NYSE
採用指数 S&P500
配当年数 10
配当利回り(%) 0.95
年間配当金額(ドル) 0.76

アメリカの医療機器大手です。

日本の同業種で例えるならニプロの様な存在ですかね。

透析治療に必要な製品の提供や、ICU(集中治療室)で使用する生命維持装置に強みを持ちます。

透析治療は、患者側も中止する事は出来ない為、ビジネスとしてみれば食いっぱぐれが無い事は想像に容易いでしょう。

但し、患者へは負担がかなり掛かる治療ですので、根治・完治される術が有るのであれば一個人としてはそちらを願うばかりです。

バクスター インターナショナルの公式HPはこちらになります。

BAXのIR情報

業績推移

  2014 2015 2016 2017 2018
売上高(Sales/Reveune) 単位:億ドル 10.72 9.97 10.16 - 11.13
純利益(Net Income) 単位:億ドル 0.45 0.39 4.97 0.724 1.63

この画像はBAXの業績推移グラフを表示しています。

EPS推移

  2014 2015 2016 2017 2018
EPS(Diluted) 単位:億ドル 4.56 1.76 8.98 1.29 2.97

この画像はBAXのEPS推移グラフを表示しています。

キャッシュ・フロー推移

  2014 2015 2016 2017 2018
営業CF(Net Operating Cash Flow) 単位:億ドル 3.22 1.77 1.65 1.84 2.1
フリーCF(Free Cash Flow) 単位:億ドル 2.29 0.860 0.935 1.2 1.42

この画像はVISAのキャッシュ・フロー推移グラフを表示しています。


配当金推移

  2014 2015 2016 2017 2018 2019(予想)
配当金 単位:ドル 2.05 1.27 0.52 0.64 0.76 0.776

この画像はBAXの配当金推移グラフを表示しています。

総評

2015年頃に分社化を実施しており、その際株式や比率も見直しされているようでした。

私が同銘柄を買付けした時にはとっくに済んでいた事ですので、今回推移を調べていて初めて知り得ました。

ただ、直近の財務状況をみると前年比割れを起こしている項目も無い事から、市場で織り込まれているものと判断しております。

先にも申し上げましたが、透析やICUといった医療現場では切っても切り離せない部位へ同社は深く食い込んでいる様にも見受けられます。

日本国内もそうですが、今後高齢者増加が見込まれるとなると益々同社の存在意義は強くなる一方だと思います。

配当利回りの観点から判断するとあまり魅力的では有りませんが、VISA(V)と同じく確実に食いっぱぐれず、株価が右肩上がりな点では今後も保有し続けたい魅力的な銘柄のひとつではないでしょうか。