投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

GAFAM下落から決算概要と今後の展望を考察

この画像はタイトル画像でGAFAMについての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

直近の暴落で、資産が大暴落しました。

皆さん結構同じことかと思います。

原因の一つにGAFAMの成長性を見越して、投資家による売却がされたことが一因でした。

実際、04/29(金)の一晩でGAFAMは以下のように株価を下げました。

     
  • Google:△3.72%
  •  
  • Amazon:△14.5%
  •  
  • Mata:△2.56%
  •  
  • Apple:△3.66%
  •  
  • Microsoft:△4.18%

1日単位でここまで下落したのは久方ぶりですが、果たしてそんなに各社ともに決算悪かったのでしょうか?

因みに上記の中で私が保有しているのは、Amazon・Apple・Microsoftの3社です。

各社それぞれピックアップして見ていきましょう。

Googleの場合

Googleの場合、ピックアップすべき数値や事柄は以下になります。

※2022/01/-03間の四半期決算

     
  • 売上:680億ドル=日本円換算:約8兆8千億円
  •  
  • 利益:164億3,600万ドルの黒字
  •  
  • 但し、利益が前年同期比で-8%という結果だった
  •  
  • Youtube & Google Playの成長鈍化予想が懸念材料と判断された
  •  
  • 黒字発表を行っているも、株価は下落していますが、好材料として9兆円規模の自社株買いを発表しています。

投資家目線から見ると厳しいのかもしれませんが、普通の企業からしてみれば化物決算なのは間違い無いです。

同時に何故この内容で株価下落を招くのかが、私のような純ドメ勤めだと理解出来ないです…

Amazonの場合

続いてAmazonです。

同社の場合、ピックアップすべき数値や事柄は以下になります。

※2022/01/-03間の四半期決算

     
  • 売上:1,164億4,400万ドル=日本円換算:約15兆円
  •  
  • 利益:38億4,400万ドルの赤字
  •  
  • 赤字要因の1つとして、出資先のEV新興メーカー:Rivian株の含み損が約76億ドル発生した為
  •  
  • Rivianの含み損が仮に無かったとすれば、円換算で約4,900億円の黒字試算
  •  
  • 但し、CEOコメントにて「先行き不透明」との見解有り

決算内容も然ることながら、CEOコメントも気になるところです。

会社は案外決算数値よりも責任者のコメントというもので、結構左右されたりする一面おもあると思っているので、この「先行き不透明」のようなコメントを触れて、株価が反応したのかもしれません。

Metaの場合

続いてMetaです。

同社の場合、ピックアップすべき数値や事柄は以下になります。

※2022/01/-03間の四半期決算

     
  • 売上:279億800万ドル=日本円換算:約3兆6,280億円
  •  
  • 利益:74億6,500万ドルの黒字
  •  
  • 純利益が前期比より△21%
  •  
  • △要因としてAI及びメタバースへの先行投資によるもの
  •  
  • 先行投資分野での収益化が見込まれるのは、2030年頃とマーク・ザッカーバーグの見解

Appleの場合

続いてAppleです。

同社の場合、ピックアップすべき数値や事柄は以下になります。

※2022/01/-03間の四半期決算

     
  • 売上:973億ドル=日本円換算:約12兆6,490億円
  •  
  • 利益:250億ドルの黒字
  •  
  • 半導体不足の影響を被ったことが一因
  •  
  • ロシア市場への製品出荷停止も影響
  •  
  • 上記影響で今後の売上:40-80億ドル低下の懸念が有り、株価を下げるトリガーとなった

今後の見通し面にてトリガーとなり、株価を下げる結果となりましたが、普通に考えて好決算です。

なので私は3万円ほどですが買い増しを行いました。

Microsoftの場合

続いてMicrosoftです。

同社の場合、ピックアップすべき数値や事柄は以下になります。

※2022/01/-03間の四半期決算

     
  • 売上:494億ドル=日本円換算:約6兆4,000億円
  •  
  • 利益:167億ドルの黒字
  •  
  • 売上は前年同期比:+18%
  •  
  • 利益も前年同期比:+17%
  •  
  • 但し、中国のロックダウンで業績悪化を懸念する報道がなされた

普通に考えて好決算なので、どう考えても同社以外の他社:4社+市場の指標に引っ張られて株価を下げた格好でしょう。

翻って幸先暗いのか

GAFAMの決算概要をまとめてみましたが、各社:赤字・黒字の状況はあるものの、決してお先真っ暗という訳では無いように感じました。

むしろ、ウクライナ侵攻が収束して経済市場の流れが平準化すれば、また元通りになるのでは?とも見受けられました。

もっと酷い決算は日本企業だとゴロゴロあるはずです。

※あくまで超個人的見解ですが…

なので、特に悲観することは無く、継続保有&少額での買い増しを出来る範囲で行っていきたいと、改めて感じた次第でした。