投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

2022年のテーマ

この画像はタイトル画像で2022年の年始挨拶についての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

あけましておめでとうございます。

タケヨーです。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

2021年は一昨年前程ではありませんでしたが、引き続きコロナウイルスに翻弄された年でした。

2021年末に向けて新たにオミクロン株が流行し出し、パンデミックからエンデミックへと変化している感覚も感じました。

さて2021年のテーマは「足るを知る」でした。

www.invest-for-the-future.com

非常に奥深い仏教用語が由来なので、1年掛けて少しでも自分のものに出来たかは難しいところですが、出来たこと・出来なかったことを振り返っていきたいと思います。

息子の生誕

2021年、投資で大成云々よりも遥かに大きかったことは、やはり第一子である息子の生誕でした。

妊娠が上手くいったことが分かったのも2021年に入ってからで、そこからあっという間に無事出産へと至りました。

私は正直、息子が生まれる前までは結構色々とルーズでした。

息子が産まれたことで「やはりもっとしっかりしなければ」と、常々要所毎である種のトリガーとかストッパーが掛かる様にもなりました。

同時にブランド物よりも本当に必要で使える物を求める様にもなり、妻も同じ様な思考へと変化してきたと感じています。

これには、毎日排泄物や嘔吐で衣服や寝具を汚してしまう赤ちゃんの子育てあるあるだと思っています。

可愛いんですけど、大変ですね育児は…

子は宝というのは言い得て妙

子は宝」とは正に言い得て妙だと、我が子を得てみて凄く納得しました。

     
  • 男の子なので、実の両親は大感激(弟夫妻には女の子が2人いるが、男の子はいなかった)
  •  
  • 両親や知人から多くの出産祝いをいただけた(勿論、内祝いをお返し実施)
  •  
  • 子供に色々と教わっている
  •  
  • 親は偉大だったと改めて知る
  •  
  • 夫婦関係が子供を通して改善した

ネットの書き込みなんかだとついネガティブワードが子育てや結婚については飛び交っていますが、実際にやってみると良いもんです。

反面、自分自身の時間は全くといって良い程消失しました。

それは私もさることながら、妻も同様だと感じています。

足るを知るを意識出来たのは、下半期以降

ファイナンス面と同時に子育てを開始したのが2021/09〜でしたので、その頃から凄く「足るを知る」を意識するようになりました。

やはり家族がもう1人増えるというのは、自身をも変化させてしまうのだなと凄く感じています。

10/11月と育児休業を取得したこともあり、その期間中は兎に角色々と考える時間があったので育児の合間に思慮を巡らせていました。

毎日博多湾が見える浜辺をジョギングついでに瞑想に取り組む日々を満喫させていただき、結果として「欲は尽きずに次々と湧いてくる」・「きりがない」・「果たしてそれは家族のために/役に立つのか」という思考を得ることに至りました。

つまり自身なりに「足るを知る」を少しだけ理解出来た、と思っています。

投資額の増減

「圧倒的入金力」は上手く実現出来たでしょうか?

     
  • 2021年度→¥2,568,976を楽天証券へ入金
  •  
  • 2020年度→ ¥2,082,189を 〃
  •  
  • 2019年度→¥3,329,850を 〃

昨年を上回ることが出来ました。

家族における最大のイベントである出産→育児が有ってもなお、入金力を維持&高めることが出来たことは良いことだと捉えています。

来年は既にWSJでも報道の通り、軟調な株式市場が予想されています。

入金については、もうひとつの取り組み先である仮想通貨への投資との配分を考慮しながら、適宜対応していこうと考えています。

2022年のテーマ

2022年のテーマは以下でいきます。

MECE」です。

ご存じ無い方もいるかと思いますので、簡単に説明します。

まず読み方は「ミーシー若しくはミッシー」で、意味は「漏れ無くダブり無く」です。

ロジカルシンキングの用語・考え方で、企業での研修等で教わる方もいらっしゃったと思います。

そのMECEを勤め先で習ったことは確かなのですが、今回取得した育児休業・育児を通して実行し、延長線上として投資へも活かしていきたいと思った為です。

元々MECEは事務ミスを減らしたり、相手とのコミュニケーション上で齟齬が生じない様に防止を図る目的が色濃いと、私は捉えています。

今回はそうでは無くて、「もっとあらゆる方向へアンテナを張っていきましょう」という意味合いで取り組んでいこうと思っています。

投資で言えば情報収集、育児や家事でいけば積極的な参加と先回り対応でしょうね。

「足るを知る」よりは実践しやすいですが、つい多忙の日々で忘れてしまいがちです。

そこを忘れずに取り組み、継続出来るかが今回のキーポイントだと思っています。

2021年の東証取引=日経平均株価は、32年ぶりの高値と報道されました。

news.yahoo.co.jp

私は今36歳なので、ほぼ同程度の間日本の低迷を味わい続けてきた世代です。

日本株には見切りをつけているので今後購入することは無いと思っていますが、経済は上向いて欲しいと願っています。

今年も1年、どうぞよろしくお願いいたします。