投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

【JPYC】KASHI(貸し)出しました

この画像はタイトル画像で暗号通貨についての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

JPYCを購入して、KASHI出しを始めてみました。

色々考えて少額で試した挙句、SwapやBridgeの必要も無く、CEXを介さずDEX上で運用出来て手数料も抑えられることを意識した結果、以下の手法にて運用することに決めました。

     
  1. JPYCを銀行振込で購入
  2.  
  3. 着金先はPolygon(MATIC)mainnet
  4.  
  5. Sushi SwapにてKASHI(Lending)
  6.  
  7. JPYCを預入、USDCを貸出
  8.  
  9. 以上

めちゃくちゃシンプルです。

でもAPRはおおよそ、6〜7%代を推移しております。

仮想通貨のLendingにおけるAPRは常に変動するので、定期的にチェックしておく様にしています。

ある日突然0%台になっていた、とならない様にチラッと見る様にすると良いでしょう。

多く預入すると複利効果が感じられる

12/15時点で、490,000JPYCを預入しています。

1JPYC=¥1なので、単純に¥490,000分です。

それをLendingで貸出しているのですが、APR:6.45%なのでかなりの高利回りと言えます。

日本国の銀行定期預金:0.001%なので、ハイレバレートですね。

しかも6.45%なので、1日あたり¥70くらいは増えていっている計算です。

これは中々良い…

現状の目標

JPYCは現在、Vプリカギフトへ交換することが出来ます。

また、ノンオフィシャルでJPYC:岡部さんも仰っていますがJPYC換金所なるものも存在します。

パチンコ屋の3店方式かいな、とも最初は思いました。

要するに、いずれかの手法で現実の所帯じみた生活へお金を換金する方法があるのです。

よって、今後の目標は「1ヶ月¥10,000の利息が付けられる様になって、それを毎月引出される様になりたい<」と考えています。

そうなるといくら元手が必要でしょうか…?

試算してみましたところ、約2,000,000JPYCです。

預入期間:1年でAPR:6.45%にて試算した結果です。

年間で約129,000JPYC、これを12ヶ月で割ると丁度約10,000JPYCになります。

…来年の夏くらいまでにいけたら良いかなぁ、というのが正直なところの私の財力です。

仮想通貨といえでも、やっぱり手数料は痛い

仮想通貨というと、手数料が安いということを私もイメージしていました。

ですが実際にはやはり手数料は痛いです。

イーサリアムネットワークだと数千円〜数万円掛かるみたいですし、MATICネットワークでもSwapにはそれ相応の対価を消費します。

Bridgeだともっと高く試算されてきて、躊躇してしまうレベルです。

また、BinanceやBybit等のCEXは入金無料でも出金に手数料が掛かってきます。

手数料は案外軽視されがちなのですが、コストとして節約出来る部分は節約を試みて手数料負けしない様なスキーム構築をしないと、仮想通貨は単に便利ということが先行してしまいます。

今回私が取り入れた手法はJPYCをLendingする時にMATICをGas代として約30円程消費するだけです。

これがPancake Swapだとそうはいきません。

Pancake Swapは高利だけど、ランニングコストが掛かる

JPYCからPancake Swapを行おうとした場合、まずBinanceは外せません。

何故かというとBNB or BUSDが必要だからです。

Pancake SwapはBSCネットワーク、Sushi SwapはPolygonネットワークです。

ネットワークの違いから現状、Binanceを介す必要があり、Pancake Swapにてイールドファーミングを行ってもHarvest毎に少額のBNBが消費されます。

Stakingしても同様です。

高利回りで表示していますが、手数料を考えていった場合、意外と思ったより収益出にくそうです。

それにBNBやCAKEといったアルトコインを取り扱うので変動リスクが常に付きまといます。

変動リスクはBTC/ETHだけで私は充分ですので、JPYCやUSDCといったステーブルコインの方が性分にあっているのかもしれませんね。

今回のまとめ

     
  • JPYC→Sushi SwapにてLendingを開始
  •  
  • APR:6%代で普通預金よりもはるかにハイレバレート
  •  
  • ステーブルコインなので変動リスク無し
  •  
  • その代わり、仮想通貨にしては儲けが薄い
  •  
  • 手数料負けについても考えていく必要が有る
  •  
  • Pancake Swapは中々ランニングコストが掛かる

今後も、JPYC投資を継続していきたいと思っています。<