投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

資本主義の資本家側へ少しでも身を寄せたい…「21世紀の資本」関連書籍を読んで

この画像はタイトル画像で資本主義の資本家側へいきたいについての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

トマ・ピケティ著書「21世紀の資本」にて提唱した『 r > g 』、少し前に凄く流行りましたよね。

関連書籍をお盆休暇中に読書しましたので、自分なりに考察を巡らせていきたいと思います。

r > gという結論

トマ・ピケティ著書「21世紀の資本」は、約700ページにも渡る書籍です。

その中で最終的に結論付けされた『 r > g 』=アール・グレーターザン・ジーは「資本主義の根本矛盾」を左記の不等式で表現されています。

「r」は資本収益率、「g」は国民所得の成長率を意味し、「r」には株式資産や債券・不動産等のいわゆる世の中で定義づけされている全ての資本の平均回収益率となります。

ということは、同不等式は「g」よりも「r」側へ不等号が向いていますので、同不等式は「資本収益率が成長率を上回る」ということを表しています。

目線が変わると見え方が変わる

「 r > g 」は目線によって、見え方=捉え方が変わるのが面白いところです。

私は本業が企業へ雇用されているサラリーマンですので当然、「g」側に属します。

先程も申し上げた様に、「g」よりも「r」の方が成長率が大きいことを表していますので、つまり「g」側に居続けていても恩恵は乏しいという表現になります。

もっとざっくり言えば、「ジリ貧」です。

まぁ、今の生活水準では決してジリ貧ではないですが、サラリーマンとしての報酬よりも、資本収益率=株式等の保有資産の増加率の方が高いということになります。

会社勤めに従事している以上、収益の最適化・最大化を目指す先は自分自身ではなく、会社自身にどうしても重点を置く必要が生じて参ります。

会社の収益を最適化・最大化して会社へ貢献、それから初めて少しの恩恵を受けられるのが世の中一般の会社員像とも言えます。
一方、「r」の方はどうでしょう?

「r」は株式投資等を含めた全ての資産で算出されています。

これについて、トマ・ピケティは20世紀後半以降も増え続けているという見解を示しています。

つまり資本主義下では、庶民の雇われ賃金よりも資産を保有している側の立場の方が、増加率を享受出来るということになります。

と言うことは、「r」側へ身を少しでも寄せることが出来れば、少なくもと「g」よりも恩恵が受けられる可能性が高まるはずです。

但し、ひとつ盲点も潜んでいます。

それは資本主義が膨張を続ける宇宙の様に、無限に拡大し続けることは有り得えないということです。

ですが、現状の世界では資本主義下=格差が拡大し続けていることは事実だと受け止めて良いはずです。

地球規模でみれば様々な格差が拡大しています。

賃金・資産・教育・食物・情報…

特に賃金・資産の格差拡大は深刻で、世界の最富裕層2153人は最貧困層46億人よりも多くの富を持つと言われています。

格差の拡大は問題だけど、自身の身を守るにはやはり行動するしかないと思う

資本主義下では過去200年間、格差が拡大をし続けてきました。

その格差も今後、益々拡大を続けていくでしょう。

ではその格差、何故起こってしまうのでしょうか。

数ある原因の中にタックス・ヘイブンの存在が挙げられます。

富裕層はタックス・ヘイブンを活用することで、税金を回避させ、益々富を拡大させられます。

お金というのは不思議なもので、お金が集まっている人の下へ集まりやすくなります。

逆もその然りです。

本来納税は累進課税が大多数ですから、高額所得/保有の人であれば納税額も一般庶民よりも多くて当然です。

ですがその納税すべきお金をタックス・ヘイブンへ逃がして現状の持ち分を減らすことで、納税額が低くなるということ図式になります。

私の様な一介のサラリーマンでは当然、タックス・ヘイブンなどというものは活用出来ませんが、iDeCoやふるさと納税、会社の福利厚生制度を活用する等、私達自身も高額納税者同様に努力を行うべきだとも考えています。

経済学的に見れば格差は是正しないといけませんが、実務上直ぐにという訳にはいきません。

私の様な一介のサラリーマンは、周りの格差を是正頂く前に自身のことで精一杯なのが実情なので、少なくもとも自身が格差の中で埋没してしまわない様に自衛することが先決なのです。

私は例えば、マザー・テレサの様に滅私奉公の心情を抱ける聖人君子ではありません。

なので、少なくとも自分が幸せになれないと、他人を幸せには出来ないと思っています。

至極身勝手な面も見受けられますが、先ずは自己実現を最優先として次に家族、その次に第三者へのお裾分けが出来る様、自己研鑽に努めていこうと思っています。

お盆休みの間、実家へ帰省もせずに考えられる時間が多いので、色々と思考を巡らせていきたいものです。