投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

2021年上半期を終えての資産推移を集計しました

この画像はタイトル画像で自身の資産推移についての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

2021年の経過も早いもので、あっという間に上半期が経過してしまいました。

オリンピックの気運が高まりつつあるのに、大衆と政府の思惑に乖離が生じるとはオリンピック招致が決まった時には誰も想像していなかったと思います。

今夏も実家である埼玉県へ帰省せず、福岡で過ごそうと思っています。

オリンピックで交通料金の高騰…とはなりそうもないですが、不要不急の外出は出来るだけ控えた方が、やはり色々と身のためと感じています。

さて、2021年も上半期が経過しましたので、資産推移を集計してみました。

全体的には安定した相場/値動きであった為、トランプ政権下の時に株式投資を始めた身としてはそんなに株式投資へコミットメントせずとも過ごせた感が有ります。

資産推移

私は2017年7月〜株式投資へ取り組んでいます。

2021年7月で丁度4年経過することになり、5年目となります。

以下は2017年7月〜途中を省略して2021年1月〜6月まで(7月の最新値も明記)の金額推移を表示しています。

この画像は自身の株式資産推移を貼り付けしています。

株式資産推移一覧(省略版)

右下端の増加率:378.02%は2017年7月と比較した場合の比率です。

株式投資を開始して以降、378.02%の増加を単純に歩んできた結果となります。

350%超 = 3.5倍となった計算です。

界王拳より凄いと思います。

この画像は「3倍界王拳だ!!!」を表示しています。

「3倍界王拳だ!!!」

どこにでも居る普通のサラリーマンでも本気でコミットメントすれば、収益化出来るのが株式投資の醍醐味かと感じています。

続いて、資産推移グラフにて過去〜現在までの推移を辿っていきます。

この画像は株式資産推移のグラフを表示しています。

株式資産推移グラフ

このグラフを見る度に毎度思うのですが、「1,000万円以下では旨味が無かったな」ということです。

最初に投じた400万円で約10ヶ月くらい運用しましたが、増えもせず減りもせずでした。

11ヶ月目に思い切って+200万円を目処に増資したことがやはり功を奏したと感じています。

現在では2,000万円が漸く少し見えてきた感覚ですので、この感覚を忘れずに愚直に邁進し続けていく次第でいます。

保有銘柄

保有銘柄については、2021年前半で含み損を抱えていた銘柄でプラ転となり現状では「NIO/Air bnb/C3Ai/AT&T」の4銘柄のみとなりました。

含み損を全て解消するのは難しいですが、少しでも軽減されれば良いとも考えており、特にAT&Tの含み損改善はそもそも高配当につき恩恵が大きいです。

この画像は保有銘柄騰落率を一覧で表示しています。

保有銘柄騰落率を一覧で表示

是非AT&Tには頑張って頂きたいものです。

では続いて、保有銘柄のポートフォリオ上での保有比率を見ていきましょう。

この画像は保有銘柄の一覧をグラフ化して表示しています。

保有銘柄一覧のグラフ

今夏の賞与でBlack Rock(BLK)を約30万円程購入しましたので、Amazon/Coca-Colaを抜いて自身の中で1番の保有比率となりました。

また、Merckでコーポレートアクションが発生し、Organonが1:10の比率で分け与えられて保有することとなりました。

保有比率:0.2%ですが、初めての経験でしたので中々面白かったです。

今でも特に売却することなく保有しています。

続いて、以下は参考程度の資料となります。

この画像は保有銘柄のセクター比率をグラフ化して表示しています。

保有銘柄のセクター比率をグラフ化して表示

この画像は保有銘柄の評価額を棒グラフで一覧として表示しています。

保有銘柄の評価額を棒グラフで一覧として表示

配当金推移

配当金推移を最後に見ていきます。

先ず振り返りとして、2020年度の01/01〜06/30間推移が以下です。

この画像は2020年度の01/01〜06/30間で得た配当金集計額を表示しています。

引用元:楽天証券

続いて2021年度の01/01〜06/30間推移です。

この画像は2021年度の01/01〜06/30間で得た配当金集計額を表示しています。

引用元:楽天証券

ほとんど大差無いですが、違いが有ります。

それは、PFF/BNDを保有していたか否かです。

PFF/BNDは毎月配当でしたので、それが無くなった2021年度はやはり少しだけ進歩したのだと自身で評価しています。

PFF/BNDを保有していなくても、昨年度実績を上回れそうな目論見が見当通りになりそうで正直ほっとしています。

配当金は円換算で約15,000円/1ヶ月前後が毎月入金されます。

これを生活資金へは一切回してはいませんが、やはり毎月10,000円少々の副収入が有るのは有り難いです。

「配当金を再投資」は今後も忠実に運用し続けていく所存です。

末尾に

7月〜はオリンピック/パラリンピックが開催されます。

政治・医療面でもどうなるか全く読めませんので、私としては国内情勢へはお金を投じず、引き続き米国株へ投資し続けます。

短期目標は株式投資:2,000万円の保有残高到達・配当金の前年同比率維持を掲げ、取り組める範疇でコミットメントしていきたいと考えています。

また、現状の米国株は暴落が全く読めない状況につき、今日時点での購入は割高の様に感じています。

必ず「どかーん」と下がる日がまた訪れると信じて、今は配当金や軍資金を溜め込んでいく時期とも捉えています。

一介の長期投資家として5年目を迎える訳ですが、「引き」と「押し」のメリハリを上手く身につけて、最大効率/最小労力での運用を目指していきたい次第です。