投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

2021年早くも6月となった為、ポートフォリオを集計しました

この画像はタイトル画像でポートフォリオの集計についての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

2021年も早いもので6月に突入しました。

この半年、世間的にはオリンピックを開催するか否かで毎日揉め続けてきた様に感じます。(勿論開催するのでしょうけど)

私の仕事関係では色々と変わった気がしています。

全てのハラスメントは絶対NGという、漸く世間並みに会社の考えが追いついてきた感があることがまず大きく変わった点だと感じています。

続いて、次に数字さえ上げていれば良しという風潮では無くなりつつ有ることです。

最後に、飲み会が無くても何ら問題無い上、かえって経費節減になり、会社内の雰囲気も心無しか良い方向へ向かっているとさえ感じています。

仕事面の変化はこんな感じです。

続いて、プライベートと投資活動についての変化になります。

先ずテレビを視聴しなくなりました。

偏向報道の様に感じると共に朝にまともなニュースを報道しているのはテレビ東京のモーサテくらいなので、それ以外の局は一切視聴しなくなりました。

帰宅後もテレビ視聴することは皆無で、早朝ランを毎日行っている事から遅くとも22時には就寝してしまいます。

故にテレビを視聴する時間が必然的に無くなりました。

反比例して自身が住む街の図書館へ通う様になりました。

今まで図書館は「古臭い本」しか置いていないと食わず嫌いでしたが、通ってみると面白い!

自分の無知さが恥ずかしくなると同時に、温故知新について改めて考える良い機会になっています。

現在では福岡県が緊急事態宣言下につき、図書館が閉館していますので早く開館となる事が今から待ち遠しい限りです。

投資については、考える時間が以前よりも減りました。

相場がトランプ政権下とは比べ物にならないくらい安定しており、ある程度安心して過ごすことが出来ているからだと思います。

同時にガタガタ騒ぎ立てなくても±1.0%値段が動けば、それだけで自身の新卒時初任給くらいは上下動します。

なので「座して待つ」とか「人事を尽くして天命を待つ」みたいな状態になりつつあります。

また仏教、特に大乗仏教の考え方に非常に興味が湧いてきました。

先の図書館の話に戻りますが、仏教関連の書籍を必ず借りるくらいハマっています。

株式資産の推移について

株式資産の推移については、下記グラフの通り右肩上がりで成長し続けてきました。

この画像は株式資産推移のグラフを表示しています。

株式資産の推移グラフ

昨年のコロナショックが嘘の様な回復です。

アメリカへフルインベストメントしている甲斐がありましたね、今回ばかりは。

では、2021年初〜2021年5月31日間でどれだけ騰落したか見ていきましょう。

この画像は今年の株式資産推移となります。

2020年12月末〜2021年5月末までの株式資産推移

¥15,101,751 → ¥17,498,489まで推移し、+¥2,396,738の増加を辿ってきました。

増加率でいえば、+15.9%の結果でした。

参考までに昨年の同時期推移を見てみましょう。

この画像は過去の株式資産推移となります。

20219年12月末〜2020年5月末までの株式資産推移

¥11,621,469 → ¥11,823,112の推移なので、+¥201,643程度の増加でした。

コロナショックを経ての推移なのでプラスへ振れているだけ有り難いですが今年の比では無いですね。

因みに増加率は、+1.73%の結果なので如何に2021年の前半の推移が回復基調であったかが如実です。

配当金推移について

2021年1月〜5月間で$719.58(税引後)と若干昨年度よりも減りました。(昨年同月間では、$726.25でした)

この画像は配当金集計を一覧にしてまとめたものとなります。

配当金集計表(税引後)

これにはPFFとBNDを売却したことが大きいと感じています。

両銘柄は毎月配当でしたので、配当金推移だけに焦点を絞った場合は屋台骨でした。

肝心のパフォーマンスが振るわなかったこととBNDに関しては退屈過ぎたので売却した過去経緯が有ります。

この画像は配当金集計をグラフ化したものです。

配当金集計グラフ

平均で$150/1ヶ月は得られており、確実に少しずつ成長を行っています。

¥16,000程度ではありますが不労所得に間違いは有りませんので、今後も邁進していきたいと思います。

暗号通貨の推移について

2020年12月中旬から買付始め、2021年に入ってから少額で買付してきた暗号通貨の推移を最後に見ていきましょう。

銘柄はビットコインとイーサリアムのみで、他の巷を騒がせているDOGEコインだったり古参のリップルなんかは全く買付しない様にしてきました。

現時点での保有高は下記の通りです。

この画像は暗号通貨の現時点での保有高を表示しています。

暗号通貨の現時点における保有高

秒で変動するので、見た瞬間とこのブログをアップし終えたあとで時価が変わっているのが暗号通貨です。

よってあくまで参考値として頂き、ビットコイン:0.10072941保有しており、イーサリアム:2.22251925だけ保有しています。

今後はこの細かい保有残高が重要になってくると考えています。

価格推移を集計し始めた20201年2月頃から下記の推移を見て頂くと、こういった値動きをしてきた投資物件は中々昨今無かったのかも知れません。

この画像は暗号通貨の推移をグラフ化して表示したものです。

暗号通貨の推移(2021/02〜)

※先物とか金ではこんなの日常茶飯事かも知れませんが。

後半戦へ向けて

なんだかんだ言ってオリンピックの開催強行が様々なターニングポイントになりそうです。

良し悪しについては不確定要素につき論じられませんが、何か起こることは間違いなさそうです。

本業のビジネスにおいては影響が薄いでしょうが、日本経済や株式市場には影響が有るかもしれませんね。

私自身、前半では全く活動に注力出来ていない気がしますので、後半で巻き返しを図らないとイカンと本業では少々焦りを感じています。

ただ、あまりコミットメントしすぎるのも考えものなので、家族との時間を優先しながらメリハリを以てビジネスへ取り組んでいきたいです。

また投資活動についてはビットコインを0.28BTCまで今年度中に増額出来たら良いな、とも考えています。

あと0.18BTC = 現時点での換算は約¥740,000程度です。

決して出来ない金額では有りませんが、妻とも良く対話しながら(機嫌を損ねてしまわない様に)投資活動に取り組んでいきたいと考えています。