投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

金銭感覚に強くならないと、いつまでたっても搾取され続けることになる

この画像はタイトルについてで、蓄財についての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

最近興味があって、金融史の知識アップデート向上に努めています。

歴史の裏には必ずお金の動きが有り、そこにはこれまた必ず人間模様が存在します。

人間模様にお金が介在し、お金が介在するから人間模様が生まれる…つまり表裏一体で切り離せない関係ですね。

お金はいつの世も人を助け・狂わせ・惑わせます。

お金自体に勿論意思は有りませんので、使う・運用する側の人間性がお金の性格を決定付ける訳ですね。

今回はそんなお金について、考察してみたいと思います。

いつの世も金銭感覚に無頓着な人は搾取の対象

史実には必ずお金が介在しています。

また、史実に乗らない様なローカル情報でも、裏には必ずお金が介在していたでしょう。

物々交換→貝殻→金銀→銅を始めとした貨幣→紙幣→クレジットカード…と人類の有史以来、着実にアップデートしているお金。

いつの時代もそうですが、お上 VS 庶民が争いの構図で決まっています。

お上同士でお金の争いをしていたというのは、あんまり聞かないですよね…(私が知らないだけであれば、すみません)

つまり、お上によって吸い上げられる存在である私達庶民は、庶民なりに知識武装しておく必要が有ると最近凄く感じています。

我が国は申請ベースの運用が土台

例えば、私が失業したとしましょう。

国としては失業保険や給付金の制度がセーフティネットとして構築されています。

ですが、この制度を仮に知らなかったら…

失業保険や給付金は対象なのに、自らチャンスを逃している様なものです。

私自身も知らないだけで、実は申請対象となることが結構有るのかも知れませんし、知らなかった場合損するのは自身となってしまいます。

反対に徴税 = つまり税金については、国が自ら徴収する制度設計となっています。

極論になりますが、思考停止してぼーっとしていたら「税金だけ徴収され続けてお金が得られる手段を自ら放棄している」様なものとも言えるのではないでしょうか。

しかもこの申請ベースなシステム、自身で調べて→関係機関へ聞いて→専用フォーマットの書式を貰って→自ら記入して→自らで申請する…という、やる気(絶対に取り返してやるという様な)が無いと取り組めないのです。

国側から歩み寄ってきて、「タケヨーさん、〇〇といった案件については申請対象ですよ」と親切丁寧に教えてくれたりしません。

とにかく調べてみて、聞いてみて、トライしてみる気概が大切

公的な申請文書は本当に難しいです。

私事ですが、不妊治療で掛かった費用の助成を福岡市へ申請する際、金額もさることながら申請書類の記入方法・添付書類の収集に凄く難儀しました。

普段から事務系の仕事を勿論行っているので、事務的な手続きにはある程度慣れているし自信が有ると自負していましたが、それでも思考停止→心が折れて何度も挫折しそうになりました。

それくらい公的な申請文書 = お金を国から助成してもらうということは大変なことです。

受け身では絶対に出来ませんし、知らなかったで損するのは自身であって得するのは国なのです。

この構図・図式こそ少々異なりますが、歴史で繰り広げられて教わってきた「年貢」や「徴税」・形を変えた表現であれば「重労働・低賃金」の過去と遜色無いと考えています。

知らない・面倒くさい・やる気が無いでは、絶対に報われないことを歴史では物語っています。

だからといって、一揆やクーデーターなんかを決してするものでは無いですし、大義名分で堂々と相対して合法的にお金を得るべきです。

歴史を学ぶことは先人の歩みと教えを知る機会

歴史を語ると面倒くさいおっさんと思われても嫌なのですが、やはり歴史は知るべきです。

学生の頃に大名の名前を暗記させられたとか、太閤検地があったとかを嫌々暗記した方も多いでしょう。

新しいことへ取り組む為には、先ず古きを知る = 温故知新ですね。

人間の営みなんて、最近でこそAIやブロックチェーン・自動運転・Fintechと持て囃されていますが、古今東西根底は変わっていません。

  • 収入を得て消費し、支出を抑えて貯蓄に励む

収入→支出が現物からお金へ変わったのが現代であって、蓄財学としての根底は変わらないのです。

本ブログが取り組む投資も、投資という攻めの姿勢を維持するために余計な支出とならない様に、日常生活では質をなるべく向上させないように努めています。

質素倹約→足るを知る生活へシフト出来る様に、常にアップデートを心掛けています。

お金は確かにより多く保有していれば困りませんが、保有額に比例して生活の質も向上させてしまってはあまり意味が有りません。

それよりもスピリチュアル的になりますが、心の充足が大事で加えて健康体の維持があってこそだとも考えています。

いずれにしても、金銭感覚に強くなっておかないといつまでも搾取され続けるのが常なので、自身のアップデートを意識していきたいものです。

 www.invest-for-the-future.com