投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

Microsoftへ少額ですが追加投資を行いました

この画像はタイトル画像でMicrosoftについての記事です。

こんにちは、タケヨーです。

勤め先では純国産企業&専門商社につき、当たり前ですがWindowsがインストールされています。

私が入社したころには既にWindowsでしたので、恐らく創業当初からWindowsなのでしょう。

Word・Excel・Powerpointは当たり前の様に使用され、ちょっと知識の有る人であればAccessで小規模データベースを構築したりして運用しています。

上記の様な企業は、日本国内ではごく標準的だと存じます。

この状態でずーっと運用してきた勤め先ですが、ドラスティックに体制変革を迫られた事態が発生しました。

…そうです、コロナ禍です。

コロナ禍の影響で、出社人数の制限・時間調整・ノートPCの持ち帰りにより自宅でテレワーク…当社だけではないはずです。

ちょうど去年の今頃、急にZoomが高騰し始めましたね。

当社もテレワーク体制の構築・充実に迫られた結果、ようやく1年掛かりましたが世間並みの企業くらいは環境構築を行えたと一従業員として感じています。

1年掛かって導入されたのはTeamsから始まり、Stream・One drive・One note / Sharepointの導入が行われました。

私は20歳の頃、PC自作にハマった人間です。

よって、PCのハード・ソフト共に新しもの好きですので、こういったアプリケーション拡充は本当に有り難く、喜んで勉強(使い方・活用方法・チームへの周知方法)を今も行っています。

本業は人と相対して・接触機会を増やして、案件を少しずつ獲得していく業務です。

ですが、本心ですとか根底には『テクノロジーでビジネス環境はいくらでも変えられる』と本気で思っています。

1年間を通してMicrosoftのSaasを体験した結果から、今回同社への追加投資を行いました。

使用者・経営者双方共に取り込めるビジネスモデル

MicrosoftのSaasは、特に生粋の日本企業であれば有るほど導入しやすいと感じます。

  1. 従業員(使用者)がWindowsに使い慣れている。
  2. 管理者(経営層)もパッケージングされた提案商品につき、受け入れやすい。

上記の理由が大きいと思います。

売上や純利益の成長率にも如実に成果が反映

次に同社の売上・純利益と成長率について見ていきましょう。

この画像はMicrosoftの売上・純利益をグラフ化したものです。

年数を重ねるごとに売上・純利益が右肩上がりです。

今後もこういったSaasビジネスモデルは拡充し続けるはずですが、特にMicrosoftは既にOSとしてWindowsを導入している企業であれば有るほど提案機会を有しています。

Teamsだけ導入したい、といったある程度柔軟な対応も聞いてくれるみたいなので、経営層へも提案しやすいでしょうね。

また、最近LINEのことで総務省・政府内で混乱が続いていますが、Microsoftはそういった話を一切聞いたことがないですね。

やはりセキュリティ面で考えても、同社のアプリケーションは素晴らしいとも感じ取れます。

追加投資した金額・株数

今回は月の給与 - 支出の余剰分から投資を行いましたので、少額です。

この画像は自身のマイクロソフト株における取引履歴の写しです。

引用元:楽天証券
  • 2021/03/19買付 為替レート:$109.31×$231.55×3株 = ¥75,932

上記金額で3株だけを追加投資しました。

また、同社は配当金を$0.56/1株当たりで維持しています。

Microsoftについて、私はNISA枠で保有していますので、配当金については日本国内の税金は免除です。

ロールオーバーの期限を迎えるまで保有し続けても全く問題無いと考えていますので、永久保有したいくらいで今は考えています。

これで、同社の保有残高は¥920,000 Overとなりました。

将来的には¥1,000,000にまで到達させたいと考えています。