投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

Go To Travelキャンペーンを活用して小旅行に行ってきました

こんにちは、タケヨーです。

日々の株価や本業で仕事ばかりを追いかけていますが、束の間の休息を利用してGo To キャンペーンを活用した小旅行に行ってきました。

結論から申し上げて、Go To Travelキャンペーンは凄く良い制度です。

世論では色々と賛否で騒がれていますが、活用しない手はもったいないと率直に感じました。

旅行費用は35%値引き

今回旅行へ訪れた先は、以下です。

www.kamigakure.jp

1泊2日の夕食・朝食付きでの提示プランでは¥57,200(税込)でしたが、Go To Travelキャンペーンを活用した結果は35%値引きの¥37,180(税込)でした。

つまり、¥20,020(税込)が値引きされたことになります。

これに楽天トラベルでの楽天ポイントが付与されましたので、+372ポイントでした。

なおGo To Travelキャンペーンは楽天トラベルの場合、決済時にワンストップ申請されます。

なので、事後申請の必要は有りません

こういった手間が掛からない点も良いですね。

地域共通クーポンで更にお得

10月から開始したGo To Travelキャンペーンの地域共通クーポンで今回、¥9,000分の地域共通クーポン(紙クーポン)を頂きました。

期間は宿泊中の10/9〜10/10だけで、2日間限定。

使用地域は宮崎県(宿泊先の都道府県)限定。

使用出来る店舗はアプリで対象店舗が表示されます。

現地の賛同店舗やファミリーマート・イオン系の商業施設も使えます。

地域共通クーポンを写真で撮っておくことを忘れてしまいましたが、 店舗にも『Go To Travelキャンペーン地域共通クーポン』と青い張り紙が使用出来る店舗へ貼り付けしてありますので、どこで使えてどこで使えないかは直ぐに分かります。

地域共通クーポンは現地で使い切ってきた

前述の通り、宿泊先の都道府県限定で利用出来るので高千穂町で使い切って帰宅しました。

高千穂町は地域的に熊本県と隣接しており、延岡市や宮崎市とは方角的反対へ立地しています。

なので、高千穂町から自宅である福岡市へ帰宅する場合、隣の熊本県へ直ぐに入ってします。

よって、地域共通クーポンは高千穂町で使い切るのが賢明で、隣の熊本県や帰宅先である福岡市では同クーポンは使用不可なのです。

地域共通クーポンを使った内容

地域共通クーポンを使った内容は以下の通りです。

  1. 夜神楽の鑑賞:¥1,000×2人分=¥2,000
  2. 宿泊先での夕食時飲み物代:¥1,000
  3. 宿泊先で販売していたお土産代:¥1,000
  4. イオン系のホームセンター(HOME WIDE)で日用品を購入:¥4,000
  5. ファミリーマートで昼食を購入:¥1,000

→合計¥9,000を使い切りました。

必ずしも観光関連に全てが割り振りされているわけでもないようで、4のホームセンターで日用品購入は何気に結構お得だったと思っています。

間接的であっても直接的であっても、地域へお金を落とす行為が良いですね本制度は。

今回宿泊した先の夕食&朝食の写真

f:id:BP5Dtk:20201011222034j:plain


f:id:BP5Dtk:20201011221938j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011222000j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011222110j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011222836j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011222901j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011222927j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011222957j:plain

f:id:BP5Dtk:20201011223021j:plain

毎夜公演されている、夜神楽での1枚

f:id:BP5Dtk:20201011223206j:plain

朝食の写真

f:id:BP5Dtk:20201011223245j:plain

立ち寄ったコンビニで猫サマを発見。

今回のまとめ

  • Go To Travelキャンペーンは活用した方が良い
  • 地域共通クーポンは調べれば結構使える店舗が多い
  • 日用品の購入で、お得感満載
  • 観光目的で使えるので、『高いなぁ』と感じてもクーポンで軽減出来る

Go To Travelキャンペーンを是非活用して、地域経済への貢献・観光業への貢献・お得なお金の使い方を体感していきましょう。