投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

TJXの配当金が支払われない…?

こんにちは、タケヨーです。

Covid-19の影響で配当が停止(見送り)=無配当となっている銘柄は数多存在しているかと存じます。

自身が保有する銘柄においては「無配当となる様な銘柄は含まれていない」と考えておりましたが、TJXの配当金が入ってきません。

情報を整理してみたいと思います。

キッカケは配当金集計を行っていた時

毎月の配当金支払い状況を集計&整理していた時に、ふと有ることに気づきました。

あれ?TJXの配当金集計を見落としたかな?3ヶ月周期の配当金が反映されていない。

私は下記の様に自身で配当金支払い状況(単価)と差異などを一覧にして管理・可視化しています。

この画像は配当金集計一覧を表示しています。

その中でTJXの枠だけが配当金の数値が未反映でしたので、IRにて調べてみることとしました。

Q1レポートにちゃっかり明記有り…

TJXは日本法人もなく、日本でもビジネスを展開していません。

また、米国株投資家の中でもそこまで人気の有る銘柄ではないので、正直情報を収集するのに安々と手に入る銘柄ではないことは私も理解しているつもりでした。

TJXのQ1 FY20(公式)は下記リンク先です。

investor.tjx.com

2020/05/02と2019/05/04の財務諸表が掲載されており、そこへちゃっかりと配当金支払いが停止していることが明記されていました。

この画像はTJXの2020 Q1リポート写しです。財務諸表の一部を転載しています。

TJX.com
  • Cash dividends declared per share = 1株当たりの配当金 → $0.00

なんと、配当金は$0.230 → $0.00へと決定してしまいました。

コロナ禍の影響をモロに被った形です。

コチラの方の記事へも詳しく明記されていましたので、情報共有させて頂きます。

kabu.takanin.com

今後は配当金支払いを再開しないのか?

長文の中に『Financial Actions=財務アクション』の項目が有り、そこへ配当金に関する記述が明記されていました。

Decided not to declare a dividend for the first quarter of Fiscal 2021, and at this time, does not expect to declare a dividend in the second quarter of Fiscal 2021. The Company is committed to resuming dividend payments for the long term, as it has done for decades, whenever the environment and its business stabilize. The Company paid a dividend in the first quarter of Fiscal 2021 that was declared for the fourth quarter of Fiscal 2020. TJX.comより転載

和訳すると、以下の通りです。

  • 2021年度の第1四半期の配当を宣言しないことを決定しました。現時点では、2021年度の第2四半期の配当を宣言する予定はありません。当社は、長期の配当支払いを再開することを約束しています。環境とそのビジネスが安定するたびに何十年も行われます。当社は、2020年度第4四半期に宣言された2021年度第1四半期に配当金を支払いました。

2021年度の第1四半期=2020年の5月21日に発表されたQ1レポートのことなので、その第2四半期=本来2020年の6月頃に配当される予定であった配当金は支払いされないことになります。

要するに、コロナ禍が収束してビジネスとしての儲けが取り戻せたら配当金支払いを復活しますよ、ってことです。

ただ、Net Sales = 純売上高が半減しているので、当面先若しくは今後恒久的に配当金支払いが復帰しない可能性もゼロでは有りません…

  • 2019/05/04 $9,277,585
  • 2020/05/02 $4,408,888 (Net sales)

今後保有し続けるか?

無配当となると、今後保有し続けるか再考していかねばなりません。

アマゾンやネットフリックスの様に無配当を承知の上で保有してる訳ではないので、配当停止となった銘柄では株価推移に影響が出るのではないかとどうしても懸念してしまいがちです。

株価推移は堅調

TJXの株価推移を見てみましょう。

この画像はTJXの株価推移を表示しています。

引用元:Nasdaq.com

配当停止を発表したにも関わらず、大幅な株価の低下は発生していない様に見受けられます。

私の保有するTJXの騰落率も2020/08/02時点で¥-13,246/-3.56%と正直メルクやAT&Tの方が余程悩みの種となっているほどの含み損を抱えています。

※因みに、メルクは¥-20,308/4.31%、AT&Tに至っては¥-171,201/-21.54%の含み損です…

アナリストは保有を勧めている

The Moltey Foolの記事では、小売株は確かに地味で目立つ訳でもなくコロナ禍で売上減少を被っていますが、コロナ禍が収束へ向かうにつれて、またWith Colonaへと向けて着々と業績を回復すると見通しを立てています。

www.fool.com

私の結論

配当金支払いが復活するまでに株価が値上がりし、プラスになったら売却してしまおうか…このまま保有し続けるか、今後もじっくり考えていきたいと思います。

 

今日はこのあたりで失礼します。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。