投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

9月7日時点でのポートフォリオを集計。株価が戻ってきて前回集計値よりも良くなったので素直に嬉しい話

こんにちは、タケヨーです。

前回集計が8月24日でしたが、9月に入って月が変わりましたのでポートフォリオを集計しました。

株価がの値が戻ってきて、素直に嬉しい次第です。

ただ、利益確定すればの話で私は金輪際売却するつもりも有りませんので、日々泡沫になったりならなかったりの状況ですが…😁

いつもの様に保有銘柄の時価評価額と損益について集計

前月と同様、時価評価額と損益について集計します。

今回が9月7日時点での時価評価額で、前回は8月24日集計分で差分を求めていきましょう。

ティッカー ブランド名 時価評価額(8/24時点) 時価評価額(8/24時点) 損益 セクター
KO COCA COLA CO. ¥1,446,771 ¥1,372,194 ¥59,043 消費財
PG PROCTER&GAMBLE ¥1,064,118 ¥1,001,607 ¥62,511 消費財
MCD MCDONALDS CORP ¥823,396 ¥791,880 ¥31,516 サービス
AMZN AMAZON.COM INC ¥784,155 ¥737,639 ¥46,516 サービス
T AT&T INC ¥759,666 ¥719,325 ¥40,341 テクノロジー
BLK BLACKROCK INC. ¥589,106 ¥558,013 ¥31,093 金融
JNJ JHONSON&JHONSON ¥534,620 ¥525,046 ¥9,574 ヘルスケア
PEP PEPSICO INC. ¥499,378 ¥466,835 ¥32,543 消費財
HD HOME DEPO INC ¥420,111 ¥389,662 ¥30,449 サービス
VOO VANGUARD SP 500 ¥380,487 ¥358,403 ¥22,084 金融
MRK MERK & CO. ¥370,242 ¥358,107 ¥12,135 ヘルスケア
TJX TJX COS INC ¥360,149 ¥330,145 ¥30,004 サービス
V VISA INC. ¥357,467 ¥332,446 ¥25,021 金融
VTI VANGUARD TTL MKT ¥357,467 ¥336,944 ¥19,843 金融
QQQ INVESCO QQQ ¥266,302 ¥249,472 ¥16,830 金融
LMT(NISA) LOCKEED MARTIN ¥247,985 ¥238,345 ¥9,640 テクノロジー
BAX BAXSTER INTER INC ¥223,088 ¥215,091 ¥12,199 ヘルスケア
MSFT(NISA) MICROSOFT CORP. ¥223,088 ¥210,889 ¥12,199 テクノロジー
BND(NISA) Vanguard Total Bond Market ETF ¥145,086 ¥143,158 ¥1,928 金融
PFF(NISA) iShares Preferred & Income Secrities ETF ¥124,128 ¥121,939 ¥2,189 金融
GRMN(NISA) GARMIN LTD ¥116,006 ¥107,368 ¥8,638 テクノロジー
  時価評価額合計 ¥10,099,430 損益合計金額 ¥519,388  

8/24から大きく躍進しました。

素直に嬉しい限りです!!

確か前回は7月末に運用残高が¥10,000,000を超えた気がします。

www.invest-for-the-future.com

あの時は舞い上がりました!

遂に私も大台へ載っける事が出来たぞ!!と。

まぁ、その直後下落しましたけど(笑)

この画像はNYダウの株価推移を表示しております。

引用元:Wall Street Journal

今回は2度目なので、然程舞い上がったりしません。

けど、嬉しいのは事実ですよ?

直近の売買状況

最近は売買をほぼ全く行いませんでした。

配当金の余剰資金でTJXを1株だけ買い増ししただけです。

売買しなかった理由は、『市況が不安定すぎて、いつ買付(IN)して良いか分からなかった』からです。

特に7月末〜9月初旬までのNYダウをはじめとした各種指標の乱高下は、とても買付しようと思わせてくれず、リスクヘッジの観点から売買を見送る事にしていました。

漸く上抜けしたかに見える株価だが…

上抜けは確かにしました。

但し、このあとのイベントでとても重要な会合が予定されています。

FOMCでのFRB議長による債券利回りの追加利下げ発表です。

jp.wsj.com

現地時間での9月18日に25bpの追加利下げが高い確率で見込まれています。

前回の7月末で下げられた利下げがトリガーとなって、トランプ砲が発動された事から、今回の株価不安定局面を生み出されてきました。

最近はトランプ大統領も大人しいのか、あまり株式市場を刺激する様な言動が見られませんね…

よって、素直にFOMCで追加利下げが発表されるまでは、現金比率を高めておく事が得策と今日時点では考えています♬

 

過去記事です。

www.invest-for-the-future.com