投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

2019年1月から得た配当金の金額を集計したよ

こんにちは、タケヨーです。

お盆休暇も明け、8/19(月)から仕事だったよという方が多かったのではないでしょうか。

当方もその一人です。

日常が戻って参りましたので、少しでも身体を慣らしていきたいのが本音だと思います。

さて、配当金の受領履歴を2019年1月〜7月末まで分で集計しました。

今後の自身のモチベーション維持として、また振り返るきっかけとして記事にしていきます。

配当金の受領履歴は?

手っ取り早く見ていきましょう。

この画像は楽天証券における配当金の受領履歴です。

引用元:楽天証券

特定口座&NISA口座の配当金合計は右下の赤枠内です。

1月1日〜7月31日と実質8ヶ月間ですので、$816.51÷8ヶ月=$102.06375/平均と試算出来ます。

現在$1=¥106前後ですから単純に¥106×$102.6375と仮定した場合、¥10879.575となります。

つまり、1ヶ月あたり約¥10,000の不労所得を享受出来ているという事です。

当方も極普通のサラリーマンですので、月収手取りはせいぜい¥200,000に毛が生えた程度です。

会社員の場合、月の稼働日数=出勤日が約20日前後ですので、つまり大雑把に見積もっても1日分働かずに得た所得となります。

実に大きな収益源ですね!!

1度に頂く配当金が最も大きい銘柄は?

ご存知の通り当方は21銘柄を保有し、日々管理と値動きチェックに余念が有りません。

ここまでくれば、寧ろ趣味みたいなもんでしょう(笑)

という訳で、調べてみましたよ。

調査結果は…

AT&T(T)で$70.61がNo.1でした!

AT&Tを当方は193株保有しております。

日本円に換算すると、約¥70万ちょっとです。

コカ・コーラがNo.2で、$70.01と僅差でしたが、コカ・コーラの方が保有金額は多いです。

244株で約¥140万程です。

やはり、配当利回りの大きさには勝てないようです。

但し、両銘柄に共通点も有ります。

それは『買い増しし易い』という事です。

具体的に株価を見てみましょう。

この画像はTの株価推移を表示しています。

引用元:Wall Street Journal

この画像はKOの株価推移を表示しています。

引用元:Wall Street Journal

どちらも$60以下です。

日本円換算で約¥7,000程で1株から買い増し出来てしまいます。

少額の配当金であっても、塵も積もれば山となるの原理で、全然買い増し出来てしまう程度と言えるでしょう。

これがブラックロック(BLK)や、ロッキード・マーティン(LMT)だと簡単にはいきません。

この画像はBLKの株価推移を表示しています。

引用元:Wall Street Journal

この画像はLMTの株価推移を表示しています。

引用元:Wall Street Journal

$400近いと、約¥40,000超です。

中々の資金力が無いと買い増しし難いですよね。

配当金収入は年々加速する

配当金収入は今後、益々加速します。

といっても一気にという訳にはいきませんが、本当に少しずつ前進し続けます。

満杯になった水甕から少しずつ滴り落ちる水分、それがすなわち配当金なのです。

満杯になった水甕から直接水を掬う行為は、配当金収入とは言えず、唯の浪費・消費と言えるでしょう。

つまり、水甕に手さえつけなければ良い訳です。

※適度にメンテしないといけませんけどね…

昨日より今日、今日より明日の魂胆で、日々少しずつ資本を増やしていきましょう!!