投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)から配当金が入金されたよ

こんにちは、タケヨーです。

先週の8/9〜8/14までお盆につき実家へ帰省しておりましたので、ブログ更新を怠っておりました。

実家で過ごす間も株価や動向は逐一チェックしておりましたが、遂にアメリカの10年金利と2年金利が逆転しましたね。

この画像はアメリカ国債の10年&2年利回りを比較したグラフです。

引用元:Investing.com

ポートフォリオの保有株は疎か、他銘柄の大方が下落しました。

これは景気後退(リセッション)の懸念がより一層強まった事から、株式が売却された事によるものでしょう。

この画像は各指標の月次結果を貼り付けしております。

引用元:FINVIZ.com

主要指標において特にDJIAが約$800下落した事が大きなニュースとなりました。

朝の民法ニュースでも報道していた程ですので、注目度の高いニュースでしたね。

また、それに伴いS&P500の大型企業も軒並み下落しております。

皆様お馴染みのFINVIZ.comで確認してみると、真っ赤な事が一目で分かります。

この画像はS&P500における主要株価の日次推移を可視化した一覧です。

引用元:FINVIZ.com

そんな市場情勢の中であって、BNDより配当金を受領しました。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)から配当金が入金されました

保有株数:16株 

この画像はBNDの配当金受領履歴を表示しています。

引用元:楽天証券

1株当たり:$0.19で、外国税:10%のみが差し引きされた結果、$2.78が入金されました。

この時の為替が¥106.1700/$でしたので、換算すると¥295配当金を頂いた事になります。

逆イールドに伴う景気後退の予想

jp.wsj.com

アメリカ国債の逆イールドカーブが発生しております。

今回焦点になっている国債の年数は『2年』と『10年』です。

国債というのは元来、年数を長く掛ければ掛ける程利率が良くなる仕組みです。

それが2年預けた時と10年預けた時で逆転するということは、元よりおかしな事態なのです。

この画像は各年数のアメリカ国債利回りをグラフ化して表示しております。

引用元:Wall Street Journal

但し、30年債の利回りと大きく乖離が有る点については懐疑的な見方も捉えられます。

1990年にリセッション入りする前には、イールドカーブが全体的に逆転という過去のデータが有ります。

この画像は1990年にリセッション入りした前の利回り推移を表示しております。

引用元:Wall Street Journal

今回の弓なり形状は前例とは異なるので、よりリセッション後の動向が読めないのだと感じます。

BNDの株価推移を把握する

逆イールドの発生〜リセッションと報道されており、金や債券市場へ資金が流入してきております。

その証拠にBNDの株価は上がり続けております。

この画像はBNDの株価推移を表示しております。

引用元:FINVIZ.com

他に参考情報ですが、SPDR®ゴールド・シェア(GLD)という金をメインとして組み込まれたETFが有ります。

同銘柄がやはり大幅に高騰しており、資金が流入し期待値が高まっている事が分かります。

この画像はGLDの株価推移を表示しています。

引用元:FINVIZ.com

直近の立ち振舞を考える

リセッション入り前の現在は嵐の手前みたいなものと喩えられます。

もっとフランクに表現するとすれば、天空の城ラピュタへ突入する前の龍の巣にいる様な状態でしょうか。

つまり耐え抜いて我慢する事で開ける道もありそうだと私は感じております。

ここで狼狽売りなどせず、一旦は静観を貫くのが最適解かと考えております。