投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

プロクター・アンド・ギャンブル(PG)より配当金を頂きました。

こんにちは、タケヨーです。

約1ヶ月ぶりに個別銘柄から配当金を頂きました。

プロクター・アンド・ギャンブル、通称P&Gは日本国内でもお馴染みの企業ですね。

アリエール、ファブリーズ、パンテーン、SK-Ⅱ等々…ご愛用しているよ!という方や家庭は多いのではないでしょうか。

投資家にも人気の銘柄で、人気の理由は言わずもがな『連続増配銘柄』なのは、既知の通りです。

プロクター・アンド・ギャンブル(PG)からの配当金について

この画像はPGの配当金入金の明細を表示しています。

配当単価$0.7459000✕77株に対して、外国税10%及び国内税20.315%が課税されましたので、結果:$41.22が配当されました。

※為替単価は、配当金支払日にて算出:$1=¥108.62

配当(4Q):$2.98 配当利回り:2.79%

連続増配:63年を達成し続ける株主ファーストな企業です。

1971年に最初の配当金:$0.0109/1Qを払い始め、今ではその額が$0.7459/1Qにまで増えております。

詳しい配当金支払いの過去履歴は、同社の公式ページへ掲載されています。

この画像はPGの配当金推移グラフを表示しています。

株価推移について改めて確認してみる

1年前〜現在までの株価推移を確認してみましょう。

この画像はPGの過去1年前〜現在までの株価推移グラフを表示しています。

堅調に推移しているのが分かるかと思います。

特筆すべきは、2018年末に見舞われたクリスマス大暴落の際にあまり下げなかった&直ぐに回復した事でしょう。

この画像はPGの過去暴落時の説明を表示しています。

『連続増配&右肩上がり』というアメリカ株の王道且つ理想と言える銘柄だと思います。

株価へ直接の影響は分かりませんが、従業員のESも満足度が高く働きやすい環境だと定評です。

また、1Qの決算発表時には売上高が前年比増・1株利益も好調だったにも関わらず、アナリストの予想値へ届かなかったという理由から株価が一時的に下落しております。

ただ、その後直ぐに回復し現在へ至っておりますけどね。

今日のまとめ

  • 連続増配:63年を達成、今後も連続増配が強く見込まれる
  • 株価推移も右肩上がりな為、インカムゲインもしっかり享受出来る
  • アナリストの期待値が同銘柄へは高い。2Qの決算発表がたとえ好調でも色眼鏡に叶わなれば一時的に下落する可能性も有る

株クラの先輩投資家の方々からは、「2018年は難しい年だった」という声を結構聞きます。

そんな中、堅調に成長し続けた同銘柄は、やはり『本物』と言えるのではないでしょうか。

 

 過去記事の紹介です。

www.invest-for-the-future.com

 

スポンサードリンク