投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)より配当金を頂きました。

こんにちは、タケヨーです。

先日もお伝えした通り、iシェアーズ 優先株式&インカム証券ETF(PFF)から配当金の受領も有り、少額ですが資産が少し増えました。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)からの配当金について

この画像はBNDの配当金入金の明細を表示しています。

配当単価$0.1947850✕14株に対して、外国税10%のみが課税されましたので、結果:$2.46が配当されました。

※為替単価は、配当金支払日にて算出:$1=¥109.69

配当(4Q):$2.28 配当利回り:2.81%

PFFに比べると当然ですが配当性向は低いです。

組み込み銘柄の性質上、債権に似ているので安定志向ということで。

PFFと合わせると$6.34を受領しましたので、約¥700ほどの配当金となります。

このブログの運営資金くらいにはなっているかな?と考えています。

直近の株価と今後の展開はどうなるか

この画像はBNDの株価推移を表示しています。

引用元:Market Watch

債権という性質上、米国債権市場の利率に少なからず影響します。

直近の株価は上昇傾向ですが、反して債権の5年利回りは下落傾向です。

債権利回りが下落するとBNDの株価が上向く傾向に有ります。

この画像は米国債権5年利回りの推移を表示しています。

引用元:Bloomberg

株価は上がりもせずに下がりもせず、という堅調な値動きをする観点にBNDを保有する真骨頂が有ると考えています。

下記は、同銘柄の利回り別の構成比率と格付構成比率です。

米国政府と高信用格付の発行体が中心で、3〜5年・5〜10年に比率を高めて組み込まれてされていますね。

実行残存期間別構成比率 比率(%) 格付別構成比率 比率(%)
1年未満 0.4 米国政府 65.5
1〜3年 23.8 Aaa 5.5
3〜5年 19.4 Aa 3.4
5〜10年 39.5 A 10.7
10〜20年 3.7 Baa 14.9
20〜30年 12.7 Baa未満 0.0
30年超 0.5    

この事から、実質というか大方『政府系債権』でガッチリ固められていると言えますね。

今後も可もなく不可もなくの値動きを期待しています。

個別銘柄を多く保有する私のポートフォリオに於いて、安定感を与えてくれる心強い銘柄です。

しっかりと育てていきたいものです。