投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

今後のアメリカ株相場の方向性は?

2018年12月の世界同時株安を乗り越え、近頃は漸く相場も落ち着きを取り戻しつつあります。

1月も早いもので下旬を迎え、先月初旬まで堅調に推移していたダウ平均:$25,000付近まで回復してきましたね。

この画像はダウ平均株価の直近3ヶ月位以内の推移グラフを表示しております。

引用元:Wall street journal

2月以降の見通しは?

2月以降はどうなる可能性が有るか考えてみましょう。

以下はWall street journalの記事より抜粋させて頂きました。

 

今月のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のエコノミスト調査によると、向こう12カ月以内に景気後退が始まる確率は約25%と、2011年以来の高水準だった。

引用元:Wall street journal

この画像は過去10年間のダウ平均株価推移グラフを表示しております。

引用元:Wall street journal

我々投資家は未来の株価を的中させる事は出来ず、備える行動のみが最良と言えるでしょう。

では、備えるとしたら何を行動すべきでしょうか。

答えは『過去の株価(結果)を分析し方向性を決める・参考にして行動する』ことに尽きます。

では、ダウ平均株価(DJIA)の2011年時点ではどうでしょうか。

ダウ平均株価で当時の実態経済をイコールで結びつけるのはやや乱暴かもしれませんが、株価の上下動=景気判断とするならば、それ程大きな上下動は結果的に見受けられませんね。

 

2011年1月1日:$11,891.93 ⇒ 2012年1月1日:$12,632.91

 

この1年間でもっと細かくマンスリー・デイリーと詳細を分析してけば、細かく上下動は有ったことでしょう。 ですが、我々投資家・特に個人の長期投資家目線で判断した場合、向こう1年後の結果を見据えて行動計画を立てるべきです。

 

細かい景気リスクを勘案した場合、下記の事項が挙げられます。

  • 政府機関の長期閉鎖におけるアメリカ国内の景気の減速 ⇒ 株安を誘発
  • 中国経済の景気減速 ⇒ 経済成長著しい中国とのアメリカ民間企業の取引減少
  • アメリカ国内の失業率増加 ⇒ 内需の減少から株安を誘発

 

これらのリスクを加味しても、過去10年間のダウ平均株価の上昇は目覚ましいものです。 世界一の覇権国家であるアメリカへ、今後も世界中から資金が集まりダウ平均株価と共に経済は成長していく事が容易に見込まれます。

2009年時点では、ダウ平均株価:$8,000代であったのに対し、この10年間で$25,000まで上昇しています。

$30,000とはいかなくても、現状の$25,000前後を推移し続けると私なりに見込んでいます。

サラリーマンとして働き続ける以上、本業で得たフィーを家庭とのバランスを勘案しながら、少額ずつでもアメリカ株へ投資し続けるべきでしょう。

 

間違っても日本国内の株式市場へ資金を投下すべきでは無いと個人的には考えております。