投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

米国市場

1ヶ月で株式資産を100万円増加出来た、たった2つのコツ

こんにちは、タケヨーです。 題名の内訳についって冒頭で申し上げてしまいますが、最近の株高へ見事乗っかれた、ということです。 毎朝起きる度に米国市場の株価が上昇し続け、バブルとも受け取れる状況です。 7月末では株式資産:約1,280万円でしたが、8月…

昼はサラリーマン、夜に米国へ投資が良い4つの理由

こんにちは、タケヨーです。 夏季休暇を利用して色々考えていますが、今年はコロナ禍を理由に大人しく家で過ごしています。 なので、実家への帰省も取り止めました。 今の御時世だと、コロナウィルスへ感染してしまった事よりも、職場内での吊し上げや世間体…

世界経済の成長率予測を通して考察出来る戦略

こんにちは、タケヨーです。 COVID-19が日本国内はおろか、世界中で収まる気配が有りません。 北半球はこれから夏場を迎えるというのに、COVID-19の猛威は衰えることない様子ですね。 株式市場も正にCOVID-19の影響を被っており、日々乱高下しています。 COV…

配当利回りと銘柄の値動きの関係性

こんにちは、タケヨーです。 今回は、『配当利回りと銘柄の値動きは関係有るのか』について考えていきたいと思います。 配当利回りが高い銘柄って、ボラリティ高くないか?といったフィーリングとして今まで考えてきていましたので、今回検証を試みた次第で…

コロナ禍が収束するまでの投資戦略

こんにちは、タケヨーです。 今回は、コロナ禍が収束するまでの投資戦略について記述させて頂きます。 全世界同時株安・WTI Crude oilがマイナス値を記録と、今まで想像すらもし得なかった事態が現実に起こっております。 こういった中で、資産の一部をリス…

FOMCを控えた株価への影響

こんにちは、タケヨーです。 日本では3連休ですが、米国では平常運転につき9月16日(月)からは市場で取引が始まります。 FOMCを控えた今週はどう推移するか動向を注視する必要がいつも以上に有ると考えております。 特に今回も前回同様、米国10年債が利下げ発…

NYダウ最高値更新〜トランプ砲までの間で、NYダウは約$1,000程度も下落した事になる

こんにちは、タケヨーです。 7月は無事終わるかなと思っていたら、荒れましたね。 8月に入ってからトランプ大統領が急遽、中国への関税規制を9月1日から追加と発表した事で、株式市場は大暴落の展開となりました。 www.bloomberg.co.jp 多くの市場関係者より…

FRB政策金利25bp引き下げで株価下落→何を買い増しするか迷う

こんにちは、タケヨーです。 昨日、既知の通りFRB政策金利が25bp引き下げされました。 引き下げられた事よりも、FRB・パウエル議長の発言による、「(利下げは)世界経済の成長鈍化や、貿易摩擦による景気減速リスクに対処するためだ」との発言にマーケットが…

私が投資している魅力的な国:アメリカであっても、平均年収の実情は日本と大差ないのか?

こんにちは、タケヨーです。 私がメインで投資している国:アメリカですが、インデックス投資をしているせいか『きっと稼いでいるんだろうなぁ〜アメリカに住んでいる人達は…』と、勝手にバイアスを掛けて考えていました。 ふと、思いたったのですが、アメリ…

トランプ砲発動!するも思ったよりも株価が下げなかった。

昨日の日中〜アメリカ市場取引開始まで、中国への関税引き上げで株価が下がる・押し目買いのチャンス到来だ!と結構騒ぎました。 当方も漏れなくその1人です。 結果は皆様の知る通りです。 中国 上海総合指数が-5%程度下げた事から、アメリカ市場にも飛び火…

サブプライムローン問題から振り返るCDO・CDSという存在

空前に株高に沸くアメリカ市場。 ホルダーとしては株価が上昇していて嬉しい限りですが、反面いつか足元をすくわれる・市場が何らかの要因で崩壊するのではないかと常々ヒヤヒヤしている方も多い筈です。 サブプライムローン問題から10年以上が既に経過して…

ヘルスケアセクターが暴落、その背景にあるもの

昨日はヘルスケアセクターが暴落し、保有するメルク(MRK)も前日比-4.69%と最近の市場では稀にみる暴落でした。 引用元:Finviz.com ヘルスケアセクター以外は特に下落といった様子も無く、ピンポイントの精密爆撃を彷彿させる様な状況でしたね。 一体何に要…

PFが調子良いので、今のうちに記録として残しておくことにしよう

アメリカ市場が先週まで株価上昇し続けましたね。 逆イールドの発生で世界経済の景気減速が懸念されましたが、先週は何のそのといった展開でした。 日本市場も本日新元号『令和』の発表を受けてか、前日比+1.43%上昇しましたね。 My PFも先週の上昇を享受し…

株価が戻りつつある現状を憂うべきか

昨年12月に大暴落を起こしたアメリカ市場。 3ヶ月ほど前の事ですので、鮮明に覚えている方も多いのではないでしょうか。 その株価がここに来て上昇トレンドにて推移しています。 当方は毎朝株価と保有銘柄の評価損益をチェックするのですが、最近は毎朝上昇…

今後のアメリカ株相場の方向性は?

2018年12月の世界同時株安を乗り越え、近頃は漸く相場も落ち着きを取り戻しつつあります。 1月も早いもので下旬を迎え、先月初旬まで堅調に推移していたダウ平均:$25,000付近まで回復してきましたね。 2月以降はどうなる可能性が有るか考えてみましょう。

1月2日からアメリカ市場は稼働

掲題の通り、アメリカ株市場は1月2日から取引開始です。 正月休みでダラダラと過ごすのも魅力的ですが、自身の目的を達成しようと考えた場合はそう安々と正月休みを満喫している暇は有りませんね。 そもそも日本の証券市場は何故1月2日から取引開始では無い…

アメリカの年末商戦と株価の関係性

アメリカで年末商戦が本格的にスタートしましたね。日本国内でも、例えばAEONで『ブラックフライデー』なるイベントを開催していますが、この程度の比では無いのがアメリカの凄さでしょう。1度だけ私も年末のこの時期にアメリカへ旅行した事が有りますが、物…

思えばアメリカの商品にばかりに今まで眼を奪われて生きてきた

週は週明け〜本日までブログを更新出来ませんでした。 本業が多忙であったからでは無く、PCをWindows⇒iMacへ買い替えしたからです。 そうです、初期設定から始まり基本的な操作方法等何から何までWindowsと異なる事から悪戦苦闘していた訳です。 当然、その…

【今週の相場見通し】勝手に思いを巡らせてみる

今週もあと数時間でアメリカ市場がオープンします。 先週までは、アメリカ国内の内需企業や飲食品セクターが買われて、株価復活の躍進を遂げております。 テクノロジーセクターの株価が下落したり相場が値崩れを起こすと、普段はボラリティーの少ない安定セ…

やはりアメリカ強し!!それに比べて日本は…?

株式市場の下落を受けて、資産が一時的に減少した方が多数と思われます。 私も紛いも無くその1人です。 投資において重要な事柄の中で、『〇〇日に幾ら投資する・追加投資する・売却し利益確定する』が思い浮かぶことでしょう。 ですが、それ以上に大切なこ…

世界の小売り企業売上高は、日本とケタ違い

仕事帰りや休日など、皆さんもお気に入り・良く利用するスーパー(小売り店)があると思います。 日本だと、セブン&アイホールディングス若しくはイオンの2強でしょうか。 世界には日本の企業と比較にならない程売上を日々上げている企業が沢山有ります。 数字…

GDPから見る、アメリカへ投資を行う理由

投資を決断する際、様々なデータを分析して実際の投資へ踏み切る事と思います。 通常であれば銘柄毎のIRだったり、決算書だったりを用いて売買を実行される事と思いますが、今回はより俯瞰した視点から考えてみたいと思います。