投資で家族の未来を考える

投資活動を通じて、自身の幸せに追求と家族の未来について考えるブログ。日々の運用日誌・備忘録も兼ねて継続中。

投資活動を通じて、未来の暮らしを少しでも豊かに。

米国市場

米国株投資を開始して4年経過しました

こんにちは、タケヨーです。 月日の経過とは早いもので、米国株投資を開始してから早くも4年が経過しました。 4年前=2017年07月はドナルド・トランプ政権下で、思い返せば定期的な頻度で「トランプ砲」と揶揄された対抗策等が報道されていました。 その度に…

2021年上半期を終えての資産推移を集計しました

こんにちは、タケヨーです。 2021年の経過も早いもので、あっという間に上半期が経過してしまいました。 オリンピックの気運が高まりつつあるのに、大衆と政府の思惑に乖離が生じるとはオリンピック招致が決まった時には誰も想像していなかったと思います。 …

増配銘柄は保有し続けるに限る

こんにちは、タケヨーです。 株式投資において配当金は、自身の投資を支える基盤の様な存在です。 長期投資故に、配当金に主眼を置いた状態から米国株投資をスタートさせたので、配当金を僅かでも獲得出来るのであればそれに越した事は無いのです。 その配当…

C3.aiの株価が伸びてこない…

こんにちは、タケヨーです。 当方、C3.aiを含めて他にニオ・エアビーエンドビー・ROOTといった新興名銘柄へ少額ですが投資しています。 ですが、上記4銘柄共に下降線を辿っており、苦戦を強いられています。 ここまで苦戦したケースに今まで相対したことが無…

Microsoftへ少額ですが追加投資を行いました

こんにちは、タケヨーです。 勤め先では純国産企業&専門商社につき、当たり前ですがWindowsがインストールされています。 私が入社したころには既にWindowsでしたので、恐らく創業当初からWindowsなのでしょう。 Word・Excel・Powerpointは当たり前の様に使…

ROOTの株価が半減して、含み損が拡大!

こんにちは、タケヨーです。 IPO銘柄として保有しているROOT(米国内の新興自動車保険会社)ですが、IPO以降株価がおよそ半分になってしまいました。 同銘柄は2020年10月に時価総額$68億で公開、その後2020年4Qの結果を受けて、株価が最終的には(執筆時点で)…

投資脳が変わってきた話

こんにちは、タケヨーです。 現在私は約¥16,500,000ほど投資を米国株へ、約¥600,000ほどを暗号通貨へ投資しています。 今回は最近になってふと気づいたのですが、「投資脳が変わってきたなぁ」と感じたので、その内容を記述していきたいと思います。 投資を…

ジェフ・ベゾス体制から変わる今後のアマゾンについて考える

こんにちは、タケヨーです。 アマゾンのジェフ・ベゾスがCEO職を退くニュースが先日報道されました。 私も勿論同社の株式を保有していますので、株価が下がったことに今後の懸念を抱いています。 同社の決算概要と、今後どうなっていくか考えていきたいと思…

AI関連で注視しておきたい銘柄6選

こんにちは、タケヨーです。 AI=Artificial Intelligenceの略称で、日本語では人工知能と呼ばれています。 AIが仕事を奪うと言われて久しい昨今ですが、私が従事する本業では一向にAIさんが仕事を奪いに来ません。 一体いつになったら、AIさんとタケヨーのど…

米国大手企業のキャッシュフローから、投資先を吟味する

今回は米国大手企業のフリーキャッシュフローについて考察していきます。 フリーキャッシュフローが良いと、何がどう良いと判断出来るのか? 言葉の意味から解説していきます。

配当利回りが今年中に向上した配当貴族トップ10はコレだ!

こんにちは、タケヨーです。 寝ても覚めても止まない株高状態が続いています。 為替こそ下落していますが、代わりに金や暗号通貨へ資金が流れているっぽ一面も有り、危険視して良いのか楽観視して良いのか分からない状況でも有りますね。 今回はそういった投…

クリスマス商戦で強みが発揮される銘柄はコレ!

こんにちは、タケヨーです。 米国の年末商戦は日本とは比較にならず、消費大国という存在感を目の当たりにさせられます。 今年はコロナ禍で外出制限が有る事から、実店舗よりもオンラインショッピング・配送・キャッシュレス決済が、より真価を発揮する可能…

消費 VS 投資の結果論から、投資の重要性を考える

こんにちは、タケヨーです。 投資を行うにあたって、結果論で何事も考えてしまえばこんなにも簡単なことは有りません。 ですが、結果どうなる可能性が高いか?を少しでも見据えて取り組まないと、継続は中々難しいのも事実です。 今回は、消費することと投資…

アフターコロナ後に高騰の可能性が有る銘柄一覧をまとめてみました。

こんにちは、タケヨーです。 今回はコロナ禍が収束した後、所謂『アフターコロナ』から高騰する可能性の有る銘柄をまとめてみました。 投機的な意味合いも有るかもしれませんが、いつコロナ禍が収束するか分からない・明確な収束の基準も曖昧・WHO等が収束と…

セクター別時価総額トップ企業一覧(ここへ投資しておけば、大方間違いない)

こんにちは、タケヨーです。 今回はセクター別の時価総額トップ企業をまとめました。 米国では大枠の括りでセクターを分けると9つ存在しますので、9つの企業をピックアップしていきます。 以下より紹介していきます。 セクター別時価総額トップ企業はこれだ…

10年前の米国株主要銘柄株価と騰落率

こんにちは、タケヨーです。 今でこそ主要な銘柄へと成長しましたが、そういった主要銘柄はかつて幾らで値付けされていたのか?気になって調べました。 先ずは下記一覧表をご覧下さい。 主要銘柄の2010年&2020年株価および騰落率 Company name Ticker 2010 …

米国大統領選を経ても自身のスタンスを変えてはいけない

こんにちは、タケヨーです。 米国大統領が遂に決まりましたね。 バイデンが新規就任となりました。 但し、法廷闘争の懸念が当面の焦点になりそうですね。 今後は様々な風潮が変わりますね。 さて話題をミクロに落とし込んで考えてみます。 今回は大統領選挙…

株式資産推移の更新をさぼっていました…

こんにちは、タケヨーです。 最近資産推移の更新・公開をさぼっていました。 理由は唯一つ、『怠慢』です。 いけませんね、これでは。 取り敢えず遮二無二言わずに株式資産の推移を見て下さい!! 大統領選の舌戦期間中は株価資産が下がった 米国大統領選の…

米国大統領選挙での影響について備える

こんにちは、タケヨーです。 11/3(火)日本では文化の日にあたる日が、米国大統領選挙となります。 既に報道で取り上げられている通り、トランプ VS バイデンの一騎打ちです。 共和党 VS 民主党の図式で国民が総投票する仕組みで、アメリカは分かりやすいです…

1ヶ月で株式資産を100万円増加出来た、たった2つのコツ

こんにちは、タケヨーです。 題名の内訳についって冒頭で申し上げてしまいますが、最近の株高へ見事乗っかれた、ということです。 毎朝起きる度に米国市場の株価が上昇し続け、バブルとも受け取れる状況です。 7月末では株式資産:約1,280万円でしたが、8月…

昼はサラリーマン、夜に米国へ投資が良い4つの理由

こんにちは、タケヨーです。 夏季休暇を利用して色々考えていますが、今年はコロナ禍を理由に大人しく家で過ごしています。 なので、実家への帰省も取り止めました。 今の御時世だと、コロナウィルスへ感染してしまった事よりも、職場内での吊し上げや世間体…

世界経済の成長率予測を通して考察出来る戦略

こんにちは、タケヨーです。 COVID-19が日本国内はおろか、世界中で収まる気配が有りません。 北半球はこれから夏場を迎えるというのに、COVID-19の猛威は衰えることない様子ですね。 株式市場も正にCOVID-19の影響を被っており、日々乱高下しています。 COV…

配当利回りと銘柄の値動きの関係性

こんにちは、タケヨーです。 今回は、『配当利回りと銘柄の値動きは関係有るのか』について考えていきたいと思います。 配当利回りが高い銘柄って、ボラリティ高くないか?といったフィーリングとして今まで考えてきていましたので、今回検証を試みた次第で…

コロナ禍が収束するまでの投資戦略

こんにちは、タケヨーです。 今回は、コロナ禍が収束するまでの投資戦略について記述させて頂きます。 全世界同時株安・WTI Crude oilがマイナス値を記録と、今まで想像すらもし得なかった事態が現実に起こっております。 こういった中で、資産の一部をリス…

FOMCを控えた株価への影響

こんにちは、タケヨーです。 日本では3連休ですが、米国では平常運転につき9月16日(月)からは市場で取引が始まります。 FOMCを控えた今週はどう推移するか動向を注視する必要がいつも以上に有ると考えております。 特に今回も前回同様、米国10年債が利下げ発…

NYダウ最高値更新〜トランプ砲までの間で、NYダウは約$1,000程度も下落した事になる

こんにちは、タケヨーです。 7月は無事終わるかなと思っていたら、荒れましたね。 8月に入ってからトランプ大統領が急遽、中国への関税規制を9月1日から追加と発表した事で、株式市場は大暴落の展開となりました。 www.bloomberg.co.jp 多くの市場関係者より…

FRB政策金利25bp引き下げで株価下落→何を買い増しするか迷う

こんにちは、タケヨーです。 昨日、既知の通りFRB政策金利が25bp引き下げされました。 引き下げられた事よりも、FRB・パウエル議長の発言による、「(利下げは)世界経済の成長鈍化や、貿易摩擦による景気減速リスクに対処するためだ」との発言にマーケットが…

私が投資している魅力的な国:アメリカであっても、平均年収の実情は日本と大差ないのか?

こんにちは、タケヨーです。 私がメインで投資している国:アメリカですが、インデックス投資をしているせいか『きっと稼いでいるんだろうなぁ〜アメリカに住んでいる人達は…』と、勝手にバイアスを掛けて考えていました。 ふと、思いたったのですが、アメリ…

トランプ砲発動!するも思ったよりも株価が下げなかった。

昨日の日中〜アメリカ市場取引開始まで、中国への関税引き上げで株価が下がる・押し目買いのチャンス到来だ!と結構騒ぎました。 当方も漏れなくその1人です。 結果は皆様の知る通りです。 中国 上海総合指数が-5%程度下げた事から、アメリカ市場にも飛び火…

サブプライムローン問題から振り返るCDO・CDSという存在

空前に株高に沸くアメリカ市場。 ホルダーとしては株価が上昇していて嬉しい限りですが、反面いつか足元をすくわれる・市場が何らかの要因で崩壊するのではないかと常々ヒヤヒヤしている方も多い筈です。 サブプライムローン問題から10年以上が既に経過して…